第6回研究大会

【第6回全国介護・終末期リハ・ケア研究会 研究大会】

研究大会 ポスター

市民公開座談会 ポスター

大懇親会 ポスター

●テーマ:

「地域包括ケアと介護終末期のリハケア」

地域包括ケアの種を蒔く&がん患者の介護・終末期リハ・ケアを考える

●会期:2019年6月1日(土)/2日(日)

●会場:札幌医科大学臨床教育研究棟 講堂

    札幌市中央区南1条西17丁目

    (地下鉄 東西線 「西18丁目」駅下車 5・6番出口 徒歩5分)   

●大会長:青山 誠 (手稲渓仁会病院)

●準備委員長:横串 算敏 (札幌渓仁会リハビリテーション病院)

 

●プログラム(予定)

【6月1日】

・特別講演Ⅰ:「全国地域リハビリテーション研究会について」

        柳 尚夫先生

・特別講演Ⅱ:「地域包括ケアを支える地域リハビリテーションの軌跡」

        澤村 誠志先生

・特別講演Ⅲ:「高齢者終末期医療の現状と課題」

        宮本 顕二先生 宮本 礼子先生

・シンポジウム:「望む場所で穏やかな最期を迎えるために」

         小川 善之先生 大友 宣先生 吉井 みゆき先生 山田 富美子先生

・市民公開座談会:「人生最後の着地姿勢(テレマーク)を支える」

          方波見 康雄先生 太田 仁史先生

【6月2日】

・特別講演Ⅳ:「がん患者における介護終末期医療の今について」

        小嶋 一先生

・症例報告:「がん患者終末期リハ症例報告」

・活動報告:「TRAIN(手稲地区リハビリテーション関連職種協議会)活動報告」

       塩原 貴之先生

●参加費

    事前登録     当日受付  
会員・非会員 5,000円 6,000円
学生 1,000円 1,000円

                               ※一般参加は無料

 

【申込方法】

大会ポスター内のQRコードより大会参加申し込みフォームにアクセスできます。

※6月1日(土)に開催します懇親会も上記申込フォームより承ります。

 

 

 

情報は随時更新していきます。